合宿免許はなぜ安い?平均的なコスト

一般的に、免許の取得のためには30万円~32万円程度かかります。

試験に落ちた場合には延長があり、さらにコストがかかります。

しかし、合宿免許の場合には20万円~23万円程度とかなり安くすませることができます。
格安の合宿免許なら、15万円程度ということもあります。

なぜ合宿免許が安いのかという理由は、さまざまです。

講義や実技、試験代はもちろん、食費、宿泊費などもすべて含めて20万円~23万円くらいが相場になりますので、教習所に通って取得をする場合に比べて10万円以上も安くなると考えられます。
1つの理由として、土地代が安いということがあげられます。首都圏から離れていたり、駅から離れていたりすると、土地代は安くなります。

土地が安いので、建物の建設費などが抑えられ、免許取得のためのコストも抑えられるということになります。
参加する人数が多いということも理由になるでしょう。

地方では1つの講義に出席をするのが数人しかいないということも起こるようです。



生徒の人数に対して、講師が1人ですので、当然生徒の人数が多いほど会社の利益は増えます。



さまざまな事情がありますが、その理由についてはあまり考える必要はありません。

格安の合宿免許でも問題なく免許は取得できるからです。
宿泊する施設が古かったり、食事が豪華ではなかったりといったことは起こるかもしれませんが、料金が安いから免許が取得できないということは起こらないので安心してよいでしょう。