合宿免許は場所で選べる

合宿免許は、通常の通いの場合と受ける内容は同じです。


しかし、異なるのは合宿をしながら受けることです。

また、短期間で詰め込んで卒業するので、短い期間で免許の取得をしたい人に向いています。

ただし、その期間中はずっと拘束されるため、急な予定が入る可能性がある場合などにはあまり適していません。



最悪の場合、卒業していないのに費用だけ掛かってしまったという事態にもなりかねませんので、注意しましょう。



合宿免許は、寮やホテルなどに宿泊して過ごします。食事がつくかどうかはプランによって異なります。

部屋は、シングルタイプや相部屋タイプがあります。



相部屋の方が安くなりますから、同じ自動車学校の合宿免許に行く場合でも費用は異なります。安くしたいという方で相部屋でも気にならないのであれば、相部屋を選択しておくと良いでしょう。

現地までは自分で交通手段を見つけていくことになります。

ただし、交通費は自動車学校が負担してくれるケースが多いです。
してもらえる場合は、現地での精算となります。

現地での生産なので、建て替えて代わりに支払う必要がある点には注意してください。

帰りの分は支払ってもらえますが、現金でもらえるかチケットが手渡されるかは異なります。

このように、地方で開かれることが多い合宿免許ですが、交通費を負担してもらえることが多いため、交通費のことを気にすることなく、遠くの場所で開かれる合宿免許に参加することができます。